たまごの集荷から出荷まで

農場で採卵されたたまごは、浅川のGPセンターでパッケージされ、スーパーマーケットやレストラン、個人経営店などに届けられます。ここでは、GPセンターの様子をご紹介します。

卵の集荷・搬入

卵の集荷・搬入

農場からは毎日、新鮮なたまごが運ばれてきます。
新鮮さを保つために、GPセンターの中は25℃以下に設定されています。

洗卵工程へ

洗卵工程へ

スタッフによって、たまごが並べれられていきます。

洗卵

洗卵

サルモネラ菌が死滅するといわれる55℃以上の温水で洗卵して、さらに、次亜塩素酸で消毒します。

乾燥

乾燥

洗ったたまごを、自然乾燥させます。

検卵(ヒビ)

検卵(ヒビ)

たまごの裏から光を当てて、ヒビや割れがないかを検査します。

検卵(血卵)

検卵(血卵)

センサーを通して「血卵(血が混じったたまご)」が無いか検査します。
あった場合には取り除かれます。

サイズの自動選別

サイズの自動選別

Sサイズ~3Lサイズまでのたまごを自動で選別します。

パック包装

パック包装

サイズ別・規格別(パック卵・業務用ダンボール等)に自動仕分けを行います。

マメシール

マメシール

製品によっては、消費期限を記したマメシールを貼っていきます。

ラベル

ラベル

パック商品には、自動でラベルを貼り付けていきます。

検査

検査

たまごのヒビ割れ・規格外れ商品などをここで、もう一度検査します。

箱詰作業

箱詰作業

各販売先に応じた容器に詰めます。

最終確認

最終確認

最後にもう一度、賞味期限などの確認を行います。

出荷

出荷

冷蔵車で、お店や配送センターに向けて出荷されます。

トップにもどる